春分号 -今日は旧暦2月3日です-

かまどメール新装版、春分の日はkuma28がお届けします。

地球の軸がちょいと傾いているおかげで、季節が変化します。
この傾き加減がちょうど良く、日本では四季を楽しむことができます。

もし地軸が90度傾いていたら、悲惨なことになってましたですよ。
夏は、一日中太陽が沈まないし、冬はいつになっても朝が来ません。
蟻さんなんか、一日中働き続けて過労で倒れてしまいます。

地軸の傾きは、23.4度。誰が決めたか知りませんが、この傾き加減が
絶妙なんですね。ほんと不思議ですねぇ。

不思議と言えば、月は地球を回る間にちょうど一回だけ自転している
ので月の裏側を地上からは、見ることができません。少しだけずれて
いてくれれば、裏側も見ることができたのに残念ですね。でも、見えない
ものを見たいのが人間の心理、月の裏側を見たいという地球人類の
潜在意識が宇宙開発を推進したと言う事実、ほんとうに不思議です。

信頼すべき人からの又聞ですが、月の裏側には何が描かれているか、
昔アンケートをしたそうです。アメリカ人はイエス・キリストの似顔絵、ソ連
人は、カール・マルクスの似顔絵が書いてあるはずという意見が多かった
そうです。最初に月の裏側に行ったという人のうわさでは、本当は、サダ
ム・フセインに似た絵だったそうで、ソ連もアメリカもいまだにクレーターだらけ
の捏造写真しか発表できないでいます。不都合な真実、ここにもあったの
ですね。ゴア氏は副大統領のときに現物の写真を見ているはずなのに
なぜ本に書かないのでしょうか。

さて、本題。今日は二十四節季の「春分の日」。昼と夜が同じ時間になる日です。
かすかな春の気配を感じるだけの立春の日から数えて約45日。、もう春はすぐ
そこと感じる日。立春とか春分とかうまく名づけたものですね。

仏事では、春のお彼岸の日です。先祖が住む、向こう側の世界は、西方に
あると考えられていて、この日は太陽が真西に沈むのでそれを道しるべに
先祖の供養をしたら間違いがない、という有難い日です。

日本国民の祝日でもあり、、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と「国民の
祝日に関する法律」で定められています。ちなみに秋分の日は、「祖先を
うやまい、無くなった人々をしのぶ」です。

また、種まきの時期でもあり、豊かな収穫を祈って春祭りに励む日であり
ます。

私としては、今年の春分の日は牡丹餅でもこさえて、月でも眺めながら、
不思議で素敵な物語を捏造してみようかな、なんて考えています。うまく
できたら今度のメール当番のときにそっと書いてみます。
         (筆/“kuma28”)
----------------------
■花見の詳細です■
みなさん是非ご参加ください。
大まかの人数把握のため、参加のかた、早めに連絡ください。
津市栄町の四天王幼稚園は、この3月で最後の卒園式。
なにかと、かまどの会と仲良くして頂いて嬉しい限りです。
寂しくもありますが、お寺が無くなってしまうわけではなく、
今後ともよろしくお願いします。
で、今年の二次会はどうなんでしょうね、倉島さん!?(笑)
そうそう、こんな記事が某C日新聞地元版にありましたので
こっそりUPしました!服部さんかっこいい!
http://gogatukikaku.web.fc2.com/0703hattori.htm

以下、四天王寺さんからの案内です!

<会費>
     大人2000円 *子供は無料
<企画>
今回も手打ちうどんに挑戦したいと思います。
うどんにのせる具・美味しい食べ方などアイデアありましたらご協力ください。
また、本堂にて音楽の夕べを開催、お酒と音に酔いしれましょう

<時間> 
     13時頃~集合
     14時からうどん打ち・調理開始
     15時お花見・宴会スタート
     18時本堂コンサート
     19時片付け解散
[PR]
by uneme_tayuu | 2007-03-21 17:35 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 清明号 -今日は旧暦 2月18... 雛の日 >>