来客

庭に山茶花の咲き乱れる冬。
f0044728_15432691.jpg


周囲が深と静まり返る夜になると
静かだった風が、これ見よがしに音を立て騒ぎ始める。
枯葉にざわつく風の音、
ひゅるひゅると宙を舞う風。
雨戸を叩く激しい音、
木製建具の隙間から入り込んで来るすきま風。
聞きながらゆっくりと目を瞑ると
小さな家の中は「魔王」の住む広い闇の世界へと変貌する。

そんな冷たい魔王の住む季節、
夏を旨とした風の通りのよいこの家に
先週初めから一人のお客人が、住み始めた。


どんな宿かと訪ねて来た日は、まだほんの秋口で
夏の名残のキツイ日差しが、深い庇に遮られ、涼しい風が吹いていた。
よりによってこの寒い冬に・・
とは思うものの、仕事は季節を選ばない。

出稼ぎ仕事の木賃宿。


***
昨夜、陣中見舞いと称し、間貸しして初めて竈の家を訪ねた。
どう?と訊ねたときには、「メチャクチャ寒いよ!!」と嘆いていた。
それでも幾分かは慣れたのであろうか?
かりそめとは思われぬ荷物の山に私の方が驚いた。
なぜか礼服までもが長押にかかっている。

もう一人、臨時の客人とともに日付が変わるまで話し込んだが
包まれる炬燵と仲間が居れば、機密性のないこの家も快適な空間となれる。

今はお風呂も近くの温泉通い。寝に帰るだけのこの家も
仕事をやり遂げたら二、三日延泊をして
薪でくべた桧風呂にのんびり浸かって過ごしたいと言う。

また一人「竈愛好家」が増えたようだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0044728_1573826.jpg
             (臨時の客人から届いた雑然とした部屋の画像)

f0044728_157553.jpg
                  (翌朝庭から眺める山茶花)
[PR]
by uneme_tayuu | 2006-12-16 18:35 | かまど雑記 | Comments(2)
Commented by 臨時の客人 at 2006-12-16 19:21 x
確かに寒かったですね、昨夜は。
予告どおり、土曜日更新、関心関心(笑)。
写真、間に合わなくってすいませんね。
Commented by uneme_tayuu at 2006-12-16 19:37
まぁ!お早いお越し、ありがとうございます。
今度こそ「週刊かまど風呂倶」続けられるとよいのですが、
一度挫折した後は、始めた当初よりも、意志の継続が難しいような気がします。
暖かく見守ってくださいませ。

写真は届いたらUPしますので、頂戴ねん。
<< かまど通信 vol.4 グレゴール・ザムザ殺害事件 >>