冬至号 -今日は旧暦11月 5日です-

一年でもっとも昼が短く、夜が長い日。 ――今日は冬至です――



朝7時を少し過ぎたころ、オレンジの色の太陽が水平線からのんびりと昇ってきます。

ああ、一日がはじまるなあ、一年でもっともそう思うのは、この時期でしょうな、きっと。

あと数日でクリスマス。プレゼントは○○がいい、と子供たちは楽しみにしています。高1、中1の子どもたちは、おとうサンタにリクエストをし、小3の娘は、サンタクロースに手紙を書いています。ほほえましい、この時期の一コマです。

今年は、パン屋さんの工事をさせていただき、秋にオープンしました。

菰野町で人気のあるパン屋さんで、オープン後、連日行列ができています。その、オーナー夫妻のサンタさんへのお願いは、
「一生懸命頑張ってくださるスタッフが欲しい」

世の中、かなりの人手不足で、パート・アルバイトの採用もままならないと、大変苦労をしています。求人倍率が極めて高く、大手資本ほどのお給料を出せない個人商店には、なかなか人が集まらないものでしょうか・・・。まあ、おいしいパンをお客様にお届けし続ける限り、きっと、そのパンのファンの方が助けてくださると思いたいですね。それは、他の業種も同じことがいえます。

建築業も人手不足感があります。プレゼントを配達してくださる、運送業の方も、かなり遅くまで頑張って見えます。

そんな、慌ただしい一年がもうすぐ終わろうとしています。

朝日を見て、一日の始まりを感じ、夜は、アサヒを飲んで、一年の終わりを感じる。

このメールを読んでくださっている皆様にとって、この一年はいかがでしたか。

少し身の回りを整頓して、新しい年を迎えたいと思います。

みなさま、よいお年を。

 佐野裕之

[PR]
by uneme_tayuu | 2017-12-22 16:19 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 竈~年忘れお餅つきの会~開催の... 大雪号 -今日は旧暦10月20... >>