霜降号 -今日は旧暦 9月 8日です-

四日市市の実家から知多市へ移り住んで、一年以上が経ちました。
その間、台風が来ること数回。
一応毎回、進路や警報等をTVやネットでチェックしてはいるのですが、
自分が今いる場所がどんな状態なのか、正直よくわからないことが多い
んですよね。
三重県だったら、北勢/中勢/南勢という地方の呼び方や川の名前な
どで、どこでどんなことが起こっているのかだいたい把握出来るのです
が、愛知県では知多市が何地方と呼ばれるのかもわからず…。

今回の台風21号では、私が知多市に住んでいることを最近知った友人
からLINEで安否確認がありました。
とりあえずアパートの周りは土砂災害に巻き込まれるような地形では
なく、高台とは呼べないまでも坂を少し上った位置にあるため浸水もし
ないだろう、という自己判断で「大丈夫」と答えたのですが、果たして
それは正しいのか?

自分の防災意識があまりにも低いことに今さらながら気づき、反省。
いずれ実家に戻るからと軽く考えていましたが、自分の住む土地にも
っと関心を持たなくてはと思いました。

 千鶴子
[PR]
by uneme_tayuu | 2017-10-23 09:36 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 立冬号 -今日は旧暦 9月19... 寒露号 -今日は旧暦 8月19... >>