霜降号 -今日は旧暦 9月23日です-

霜降 ~霜結んで厳霜白し~

雨の降りやまない10月初旬でしたが、友人らと長野県まで行って一泊して
きました。目的はトレッキングです。

「トレッキングに行かない?」春にも似たような言葉に誘われて、ハイキング
気分で参加してみると、想像以上に厳しい登山だった経験から、「トレッキ
ングとは何か?」を、旅行の前に改めて調べてみました。
すると、トレッキングとは、登山ほどはきつくないけれど高地を歩き山を楽し
むこと、多少の傾斜を登り降りしながらも歩くことがメイン、歩きながら山の
風景を楽しむこと、であることが判りました。ハイキングも同じく自然を楽し
み歩くことですが、必ずしも山である必要のないことがその違いのようであ
ります。

ということで、この春、唐突に初登山を経験した身であるものの、2日続けて
のトレッキングはこれまた人生初のこと。

初日の行程は雨で断念したので、結果的には一日だけのトレッキングに終
わりましたが、正直に言ってこの山歩き、「こんな感動を未経験のまま生き
ていたのか!」と、驚くほど感銘を受けました。

薄くひんやりとした空気の清々しさ、雨上がりの霧が晴れていく様子、雲の
切れ間から覗く槍ヶ岳、、、。
低地ではまだ碧い樹木も1700mの高地ではすっかりきれいな紅葉色です。
歩き始めた瞬間から絵画のような風景が視界一面に広がっていて、今まで
美術館の小さなカンバスの枠の中で見ていた景観が、色もタッチもそのま
まに、目の前に広がっていることへの驚き。ここは永田萌の緑、葉祥明の
青、そんなことを言い合いながら歩く山道の楽しさ。時に険しい山を登り、
ぬかるみを歩くことさえ新鮮で、日本の、車でわずか3、4時間の近い距離
に、こんな雄大な自然がまだあったんだ!という喜び。
最初から最後まで、堂々たる自然に圧倒され続けた数時間でした。

幾つになっても初めての体験があるって素晴らしいことですね。この大自然
から受けた糧は日々の生活に、これからも年齢を言い訳にせず、どんどん
新しいことにチャレンジしていこうと元気をもらった旅でした。


By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2016-10-23 07:47 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 立冬号 -今日は旧暦10月 8... 第22 回leブランチ竈(るぶ... >>