霜降号 -今日は旧暦 9月12日です-

かまどメールの時間です。霜が降りる気配がない暖かい秋の朝、かま
どメールを書いております。しばらくお付き合いいただければ幸いです。

私が三重に移ってきて丸一年が経ちました。生まれて始めて米づくり
のすべての行程を経験しました。新米の美味しさったら、自分が手間を
掛けたことも加味して、しみじみ噛み締めました。

お米作りを経験して知ったことを書いてみます。

 稲は手間がかからない

田植えをしてから稲を刈るまで、稲に触ることはまったくありません。
トマトのように脇芽を摘んだり、支柱に結わえたり、そんな手間はかか
りません。人間がすることは、田んぼの水を切らさないようにすること
と、まわりの雑草を刈ることだけです。稲は勝手に大きくなり勝手に穂
を出し実を結びます。(田んぼに生える草をどうやって押さえるかには
いろいろな方法がありますが、これは次の機会に書きます。)

 三等米でも美味しい

今年は籾の汁を吸う虫が多く、玄米にしたら変色した粒が目立ちまし
た。たまたま農協の人に見てもらったら、三等米との評価。流通に出し
たら非常に安い価格でしか売れません。これは見た目だけの判断です。
精米して炊いたら真っ白な綺麗なお米で、炊いたら甘くて香りもよく、
ほんとに美味しいお米でした。農薬を使い虫を駆除すれば等級は上がり
ますがそんなことはするつもりはないです。

 新米の美味しさの秘密

これは単純な話です。採れたての新米だけを炊く、これだけです。混
ざり物なし。流通段階で間違えて産地や産年の異なるものが混ざること
はありませんから。

閑話休題。育てたお米をみなさんにおいしいおいしいと食べていただ
き俄然やる気が出て、山の水が直接入る泥田を1.5反借りて来年も米づ
くりに励むことにしました。今年は、梅雨のはじめの少雨、秋の長雨が
影響しましたが、来年は良い天候に恵まれますように。


 なかや
[PR]
by uneme_tayuu | 2015-10-24 14:36 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第19回leブランチ竈(るぶら... 寒露号 -今日は旧暦 8月26... >>