立秋号 -今日は旧暦 8月30日です-

今日は秋分。
個人的な事情ではありますが、
今年はちょうど、
鮎捕りの最後の解禁日と重なりました。
去年の冬から狩猟採集生活に
足を突っ込むようになったわたくし、
本日の日中は川に入っておりました。
原稿配信が遅くなり申し訳ありません。

自然の中に身を置いていると、
山の生き物、川の生き物、
冬に備えて、いろいろと準備をしていることを
実感します。

夏前から始まった鮎捕りも、
鮎は今はおなかに卵をたくわえ、
繁殖の準備をしていました。

鮎は「年魚」とも呼ばれ、
一年ごとに世代交代するいきものです。
なので、捕りにいくたび、「カンジ」が変わっています。

はじめは、ちいさくて、骨もやわらか。
徐々に体が大きくなり、身がしっかり。
そして、卵、白子をたくわえ、成熟したからだに。
そのあとは、これからのことですが、
繁殖を終えて、いわゆる「落ち鮎」になっていきます。

人間のスケールでは「一生」は
50年~のイメージですが、
鮎にとっては、一年間のこと。
一年草の植物たちと同じサイクルですね。

鮎捕りを通して、そんな「人間の尺度では違ういきものの
時間のサイクル」を考える機会が多くなりました。

種族が違うのですから、ヒトとして生きるうえで
直接的な関係はないかもしれませんが、
「自分とは違う他者」という感覚を意識するのに
このような自然との関わりの中で、
いい機会を多くもらっている気がします。

個人をしのぶ「彼岸」と重なる「秋分の日」が、
自然のサイクルの中で生きるいのちたちの
「次世代の準備」をする時期と時を等しくすることと
つながる意味を感じざるを得ない気持ちになっています。

……物議を醸す言いようではであろうとは
重々、思いますが、
わたしがこのような環境に身を置く中で、
長年「狩猟採集生活」になじんできた人のことばで
私の心に深く響き、多くの示唆のきっかけになった
ことばがあるので、あえてご紹介します。

「殺生は、結局、楽しい」。

「趣味としての釣り、ハンティング」とは違う、
現場に長く身を置いて、そして
本能と向き合う暮らしの中で結実したことばとして
多くの示唆を含むことばとして響きました。

「現場」に身を置くことという
バックグラウンドについて思う日々です。
願わくば、多くの『同士』がいるといいな、と
思う日々です。
機会があれば、思い出していただければ
うれしいです。

emix
[PR]
by uneme_tayuu | 2014-09-23 21:40 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 寒露号 -今日は旧暦 9月15... かまどマルシェ手づくり市 >>