立夏号 -今日は旧暦 4月7日です-

日差しが眩しく感じる今日このごろです。日中は暑く、朝方は冷えたりして
案外体調を崩しやすいこのごろ、皆様お元気でお過ごしでしょうか。かまど
メールにしばしお付き合いください。

今日は電気製品の安全にまつわる話題を。

まずニュースから転載。
転載元 http://japanese.engadget.com/2014/05/02/1000-pse/

ホームセンター大手のコーナンが、電気用品安全法に定める検査を経ず
に販売した商品があるとして、電気製品の自主回収をおこなうことを予告し
ました。対象は約1000品目にわたる電気用品 約1000万個。

コーナンが5月2日付けで発表した「(予告) 商品回収に関するお詫びとお
知らせ」での表現では、今回の自主回収は「(......) 弊社が輸入事業者として
過去に輸入・販売した電気用品に関して、電気用品安全法に定める商品
の安全性に係る義務を果たしていない電気用品があることが判明 (......)」し
たため。

実際には電安法に基づく安全検査の記録がない(つまり検査していない)製
品についても、PSEマークを付加して販売を続けていました。

転載おわり 

電気用品安全法に定めた検査に合格した製品にはPSEマークを付けて安
全であることを消費者にわかるように出来ますが、今回の発表では、検査
を受けてない商品にもPSEマークを付けて販売してました。

調べたらこの検査を受けて証明を取得するのに一機種で50万円から100
万円ほどの費用がかかるそうです。コンセントにつないで使う機器は、一歩
間違うと燃える可能性があるのでこうした検査を受けた商品をなるべくなら
使おうというのが方の目的だと思います。PSEマークを確認すればわかる
のでよい制度だと思います。

今回の問題は二つあると思います。製造元が検査を受けずに勝手にPSE
マークを付けて出荷していたこと。輸入販売元がそれを鵜呑みにして販売
をしたこと。1000品目、1000万個も。

この制度はある意味輸入障壁ともなりかねませんが、検査を受けて表示す
るしないは任意なので、正々堂々とPSEマークなしで販売すればよかった
わけです。それなのにPSEマークを付けて販売とはもう悪質極まりないで
す。

輸入販売元も裏付けを取らずに販売していたなんてもう怠慢にも程があり
ます。コーナンはしれっと「(予告)商品回収に関するお詫びとお知らせ 」を
発表していますのでまあ読んでやってください。
http://www.hckohnan.com/important/images/2014.05.02_owabitooshirase-1.pdf

電化製品が原因の出火は年間300件ほどで全体の1%ほどです。今回は
時間がなく出火原因となった電気機器のPSEマークの有無を調べることは
出来ませんでした。

電気製品を買うときの参考になれば幸いです。

PSEマークについては以下が詳しいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E7%94%A8%E5%93%81%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%B3%95

今回は、中谷が書きました。
[PR]
by uneme_tayuu | 2014-05-05 11:25 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第14回leブランチ竈(るぶら... 第37回サロンde竈(さろんで... >>