大雪号 -今日は旧暦11月 5日です-

デモはテロ行為だと自民党の石破幹事長が発言しましたが、今回の特
定秘密保護法の国会周辺の反対デモに暴力革命を辞さないテロ組織
である過激派の旗があったと言う情報がありました。幹事長の先見の明に
感心しました。(笑) 暴力革命を辞さない過激派はこの法案が成立すれば
一番困る人々なので必死に反対運動をするのでしょうか。
冗談はさておき、新たに発足した国家安全保障会議と特定秘密保護法に
ついては、戦後の日本にひとつの句読点を打つきっかけになる予感がする
ので、時間を割いて法案の原文やさまざまな論評を読みいろいろ考えるて
みました。
日本の置かれた状況(主に近隣国との関係)や法案で得られること、失うこ
とを自分なりに整理することは大切なことと感じました。私としては自分の
政治的な立場は投票で表せば十分と考えているので、誰かと議論するた
めに出かけたり、ネットで意見したり、集会に参加したりはしませんでした
が。
もうひとつ感じたことは、メディアから流れてくる情報が落ち着いた視点から
ではなく、市民が自ら考えるための情報を提供する姿勢に欠けるところが
あったことです。中立という視点は存在しないと思っていますが、賛否両論
をできるだけ片寄りなく、前後左右の事情も含めてじっくり報道するべきと
思います。
メディアといえは、この法案の次に安倍首相はNHKの改革に着手すると予
想します。すでに報道されているようにNHKの次期経営委員の国会での承
認は済んでいて、来年1月の任期で新しい体制が発足します。これに合わ
せて何らかの動きが始まると思われます。これも大きな論争を呼ぶでしょ
う。
次の選挙にどんな基準で選択をするか、今の政治の動きに注目し、だれが
何を言ったかを記憶し次の選挙での判断基準にするべきと思います。国会
周辺へ出かけてデモに参加することもひとつの選択だけれど、選挙で誰に
投票するかがもっとも大切な政治への参加であり個人の選択だからです。

by 中谷
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-12-07 09:57 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 冬至号 -今日は旧暦11月 2... 小雪号 -今日は旧暦10月20... >>