霜降号 -今日は旧暦9月19日です-

先の日曜日に、私用で名古屋市の東山動物園へ行く機会がありました。
雨がかなり激しく、寒い一日でしたが、雨天決行の用事だったのです。
雨の中を歩き回るのは大変でしたが、人出が少なく(というかほとん
どいない状況で)静かな園内には新鮮さもありました。雨に打たれてじ
っと動かないインドサイの後ろ姿が印象的だったり、やんちゃ盛りの子
象が外に出られず、園舎内で母象の尻尾にじゃれて遊んでいる様子がほ
ほ笑ましかったり。
大人の目線で見れば、動物園という人間の勝手な発想の結果、檻や柵
の中で暮らすことになった動物たちは、さぞ窮屈だろうと思ったりしま
す。だからこそ、彼らの生命力に対して、なんだか「ありがとう」と言
いたくなってしまいました。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-10-23 22:59 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第13回leブランチ竈(るぶら... 第32回サロンde竈(さろんで... >>