春分号 -今日は旧暦2月25日です-

 清明


今日は清明。
「せいめい」という音もなんだかすずやかで、
青々とした草たちが地面を覆って風にそよぎ
薄桃色の桜がいっせいに咲き誇る……
そのすがすがしい風景が音から感じられるような、
気持ちのいい時節です。

その一方で、東日本の震災以降、
今までにないイレギュラーな気象の変化が、
あからさまになっていると感じます。

少し話は遠くにいきます。

地球の長い長い歴史の中では
今までに温暖な時期、寒冷の時期が
非常に大きなサイクルの中で
じゅんぐりに巡っていたといいます。
巨大な恐竜たちが栄えた温暖期、そして
彼らが滅びマンモスたちが栄えた氷河期。

子どものころに理科や社会の授業で聞いた
そんな途方もない時代の存在を、
最近のヘンな気象変化から
少し信じられるようになりました。

マンモスがいたという五百万年前、
恐竜がいたという二億五千万年前、
さらに、地球自体の三十八億年以上という年月を思うと
(ああもう、実感できなさすぎるスケールですが)
地球にとっては、25万年という人類の歴史ですら
「ごく最近の一期間にすぎない」ことであるという
想像が立ってきます。

遠回りのお話はここまでです。

そんな訳で、
「長い目で見れば、今までの記録にないような
思いがけないことは充分に起こり得る」という
危機感や、備えの意識は持って接するべきだと、
最近の気象の動きを見ながら、改めて思った次第です。

明日明後日の週末にも、
非常に発達した低気圧が訪れるらしく、
台風並みの暴風が予想されるとのことで
日本気象協会さんが警告を出しています。
http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-5817.html

「非常に発達した低気圧っていうの、今までも来たことあるよね」
と油断せず、どうぞ用心して
事故や災害に巻き込まれないようにお過ごしください。

せっかくの桜たちが散ってしまうのが
もったいないなあと思いながら、
たぶん最後のチャンスとなる今宵、
近所で夜桜を愛でようかと思っています。

emix
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-04-05 08:46 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 穀雨号 -今日は旧暦3月11日です- 第27回サロンde竈(さろんで... >>