大寒号 -今日は旧暦12月 9日です-

大寒

今日は大寒。
一年の中で一番寒いと言われる時期。
この寒さがあるからこそ、うまく育つものがあります。

その一つが、味噌。
寒さが雑菌の成長を抑えるため
菌のバランスがうまくとれ、
麹菌が雑菌に負けず豆を醸すことができるのです。

常温の中で、ゆっくり時間をかけて
菌が生活しながら、豆が味噌として醸され、完成していく……
その結果、過程の中で「常温保存」ができている。

菌の力を借りた「熟成」は
「加工」「保存」の両方を併せ持った
すばらしい手段だと、昔の人の知恵にあらためて感動します。

冷蔵庫に入れなくても保存ができる
味噌などの発酵食品を生活に取り入れる……
それも、家庭で誰でもできる
ひとつのエコロジーの一歩ではないでしょうか。

竃の家では、今日の今、まさに
味噌作りをしているところです。
日暮れまでやっておりますので、
ぜひ、お近くの方はのぞきにきてください。


by emix
[PR]
by uneme_tayuu | 2013-01-20 15:50 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 立春号 -今日は旧暦12月24... 竈~年忘れお餅つきの会~開催の... >>