モスリンさん鼻笛コンサートが竈の家でありました

f0044728_10314835.jpg10月15日夜、日本でただ一人、いえ、世界でもただ一人かも知れません、鼻笛のプロの演奏家モスリンさんを招いての鼻笛演奏会が、竈の家で開かれました。

はじめに、日本鼻笛協会伊勢友の会会員のお二方が前座に登場、おのおの鼻笛に出会った経緯を説明、曲を1、2曲披露されました。緊張すると動悸が激しくなり、もろに鼻笛の音に響くそうです。時々音が変調したり、音符の巨大化したような“ゆるカワ”楽器「オタマトーン」も登場するなどして、ちょっと漫談風に始まった演奏会でしたが、モスリンさんの登場で雰囲気は一変します。

前座のお二人と同じ楽器?と耳を疑うようなその優しい音色に会場がシンと静まり返ります。お子さん向けのアニメソングから童謡、懐メロ、クラシック、ありとあらゆるジャンルの音楽が、あいだにご自身の音楽との出会い、鼻笛との出会い、鼻笛のルーツなどの話を挟みながら、次々と繰り出されていきます。f0044728_10325375.jpg

演奏時間が長い時は鼻笛だけでは少し飽きてくるのでと、歌声も披露してくれました。声楽をきちんと学ばれたのでしょうか、そう言えば会話の声も質も違うようです。お尋ねすると、はやり鼻笛は、鼻笛だけで音が出るのではなく、吹く人の体格や声の出し方で全く音色が違ってくるのだそうで、声の出し方一つおろそかにはしていないとのこと。プロと名乗ることに対する真摯な姿勢もよい音色になって返ってきているのでしょう。

演奏が終わるとほとんどの皆さんが、お試し用のプラスチック製の鼻笛を手にとって試され、家で披露するのだと言って買って帰られていました。一人でも多くの人が興味をもってくれると嬉しいと、その一人一人に丁寧に説明され、交流を深めながら、モスリンさん自身も、古民家の温もり、秋の夜長を楽しんだ演奏会となったようです。
f0044728_1035810.jpg

f0044728_10352985.jpg

[PR]
by uneme_tayuu | 2012-10-24 10:37 | かまど通信 | Comments(0)
<< 立冬号 -今日は旧暦 9月24... 霜降号 -今日は旧暦 9月 9... >>