第23回サロンde竈(さろんでかまど)開催されました

9月10日、竈の家で「サロンde竈」が開催されました。
この日は竈の家でお馴染みの「鼻笛」を自分で作って吹いてみよう、という一風変わった講座が開かれました。
f0044728_109924.jpg
講師は竈の家の世話人でもある大工の池山琢馬さんです。
f0044728_1065615.jpg
実はこの方、家を建てるのと鼻笛の製作と、今、どちらが本業かわからなくなりつつある程鼻笛の注文が殺到しているという人気の鼻笛作家さんでもあります。
f0044728_1010159.jpg
   (樹種は様々、桧、桜、クスノキ、欅、イチイ、椎、桂など20種類以上あります)

そんな人気作家さんの指導のもと、破格の値段で、オリジナル作品が作れる!とあって、一部の愛好家の皆さんには人気の講座でしたが、8月のサロン開催から間がなかったこと、鼻笛が地区のみなさんにまだ馴染みが薄かったこともあるのでしょう、今月は、サロンも講座も、いつになく参加者の少ない一日でした。
でもその分、講座では中身の濃い指導が受けられたでしょうし、全体の雰囲気も小ぢんまりと落ち着いて、こういうゆったりしたサロンも、時にはいいもの、特に夏の疲れが出るこの時期は、と思わせるリラックス感漂う会になりました。
f0044728_10112468.jpg
      (せっかくならよい音色の出るものをと、熱心に指導を受けながら作成)
f0044728_10113322.jpg
              (作った後はさっそくみんなで吹く練習です)
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-09-15 10:26 | サロンde竈 | Comments(0)
<< 第24回サロンde竈(さろんで... 白露号 -今日は旧暦 7月21... >>