白露号 -今日は旧暦 7月21日です-

朝晩涼しくなり、夏の終わりを感じます。今日は白露、かまどメールに
しばらくお付き合いください。

かまどメールの当番になり何年か経ちました。原稿に使えるように時事ネタ
をメモしておくのですがバタバタ続きで、今日はネタの在庫がひとつしか
ありません。まずそれから。

福島県庁の食堂に「県外産の食材を使っています」と掲示されていたそう
です。福島県にも安全な食材があるはずです。どのような経緯を経てこの
掲示がされたのか私には知る由もありませんが、福島県内の農業に携わ
る人たちのことを思うとひどく寂しく感じました。

九州に行った知人が仕入れてきた話題を思いだしたのでそれを書きます。
スカブラという言葉を聞いたことがありますか?
九州の炭鉱で働いていた人たちのなかに、仕事はせずにぶらぶらしている
人がいました。その人たちのことをいう言葉です。彼らは、炭鉱の中をぶら
ぶらして面白い話をしたり、時間を知らせたりして、働くことはしなかった。
だけど誰一人スカブラを非難するものはなく、むしろ彼らを愛していたよう
です。

炭鉱掘りという辛い労働にもかかわらず、遊んでいるいる人間を許せると
いうことはどういうことなのでしょうか。炭鉱の合理化でスカブラがいなくな
ると、働く人達の気持ちが落ち込み、仕事の能率が下がったそうです。笑
わせてくれたり自分を気遣ってくれる誰かがいると楽しく頑張って仕事がで
きるということなのでしょうか。

私たちは目に見える結果で判断をしがちですが、実は数字だけでは表せな
い因果関係が存在することをスカブラは教えてくれていると思います。仕事
場や仲間内とうまくいかない時、表に出ている事柄だけで判断せずに、スカ
ブラのことを思い出して解決の糸口を探るというのはいかがでしょうか。


By kuma28
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-09-07 15:20 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第23回サロンde竈(さろんで... 第22回サロンde竈(さろんで... >>