雨水号 -今日は旧暦1月28日です-

    雨水

寒い日が続いていますが、太陽の光は濃さを増してきているこのご
ろです。
今回は二十四節気の「雨水(うすい)」に合わせてのかまどメール
ですが、ちょうど1年前の雨水号の原稿も、私が担当したことを思い
出しました。
その際の結びの言葉は、「春は、野山にいのちが宿る季節。自然の
息吹を感じとれる心の余裕を持って過ごしたい」でした。
残念ながらそれから約1か月後、東日本大震災が発生して、心痛む
春となってしまいました。
あれからまだ1年、もう1年がたとうとしています。この間、この
コラムで私も震災や台風の話に触れましたが、被災地の方々の姿や声
に勝るものはなく、なかなか筆が進まず複雑な気持ちになることが少
なからずありました。
それでも、かまどメールをお読みの皆様の心に、何かしらお届けで
きるよう、ぼちぼち書いていきたいと思います。「雨水」は、降る雪
が雨に変わり、積もった雪や氷が解けて水になるという意味です。月
並みですが、震災に限らず様々な悲しみや辛さや怒りでこわばってい
る人々の心が、少しでも和らぐ春になってほしいなあと思います。 

                 (紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-02-19 13:34 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 啓蟄号 -今日は旧暦2月13日です- 立春号 -今日は旧暦1月13日です- >>