大寒号 -今日は旧暦12月28日です-

寒さに慣れ、早起きが苦にならなくなりました。冬至から二ヶ月が経ち朝も
早く明るくなるようになりました。最近は小口の材木の配達もするようになっ
たので、明るい朝の時間が使えるのはありがたいことです。

野生化がどんどん進んでいる大工の池山さんにお風呂で石鹸を使う必要
はないと教えていただきました。使わなくなってもう10日ほど経つのですが
まったく問題ないようです。

石鹸で体を洗うという行為をなにも疑わず52年続けてきました。洗脳され
ていたのでしょうか。テレビにとって石鹸屋さんは大事なスポンサーである
ことはよく知られていますが、どうなんでしょうか。

取引先の製材所の社長から、今の私の仕事を一代で終わらせる気です
か?と聞かれました。ほぼ同じ時期に娘からもお父さんたち大人は若者の
仕事をつくる努力が足りないといわれました。

次代を担う若者を雇う余裕がないと言い訳だけがスラスラ出てきます。会
社を維持するのに精一杯だと泣き言も平気です。ああ、なんと貧すれば鈍
すなんだろう。どうすればよいのだろう。

ちょいと自分勝手な解決法を書いちゃいます。丁稚奉公の復活です。大人
は若者に毎日の食事と暖かい寝床と着物を用意します。若者は親方の仕
事を手伝いながら独り立ちを目指します。給料は特になしで、盆とお正月に
お休みとお小遣いがいただけます。

ちょっと話はかわりますが、世界的にみると大学を卒業する若者がたいそ
う増えているそうです。彼らはやがて新興国など各国の企業の発展に尽く
していくでしょう。日本の製造業の多くはそれらの企業に取って変わられる
運命なのでしょう。

ちょうど今ごろ大学入試の季節ですが、大学を目指す日本の若者にもこの
現実を知って損はないと思います。日本経済の成長に乗っかってなにも考
えずに済ませてきた私が今の若者に意見するのはオカシイですが。

今年大学を卒業する娘から就職するの止めようかなと相談がありました。
私はいいねぇと答えました。父ちゃんまだまだ元気だから住むところと毎日
の卵かけご飯は大丈夫だから存分に好きなことしたらいいと。

心の中では、材木屋の丁稚候補が一人できたと喜んでます。最後まで読ん
でいただきありがとうございました。


By kuma28
[PR]
by uneme_tayuu | 2012-01-21 17:49 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 立春号 -今日は旧暦1月13日です- 竈の会~年忘れお餅つきと味噌づ... >>