冬至号 -今日は旧暦11月28日です-

みなさん、こんにちは。
早いもので今日は「冬至」。
太陽高度が一年で最も低くいため、一年中で昼が最も短く、夜が最も長い
日とされています。
当然日照時間も短く、陽の光も弱まっているのが、この日です。それがこの
日を堺に、どんどん日が長くなり、陽の光も強まっていくため、太陽の力が
復活する日ととらえ、冬至のことを、陰(いん)が極まって再び陽(よう)にか
える日という意味で「一陽来復」と言ったりもします。

この「一陽来復」には、そこから転じて、「悪いことが続いたあとに、ようやく物
事がよい方に向かうこと」という意味があります。

今年は3月11日の東日本大震災によって引き起こされた福島原発事故という
人災に、日本中の人々が被災しました。
事故後の東電や政府の対応、被災地の人たちの避難所生活、傷ついた命な
ど様々なニュースを見て、今まで原子力の問題を政府に任せ、自身の思考は
停止させたまま経済的な豊かさだけを享受してきたことを多くの人が反省した
でしょう。また、傷ついた地域や人々の復興は、単に道路や建物を再建したり、

街の機能を復活させたり、物質的な豊かさを取り戻すだけでは成し得ないこと
も悟りました。

原発事故自体はあってはならないことでしたが、それがきっかけとなって、これ
までの合理性や利便性の追求を最優先した生活、地方の自然や伝統文化、
人と人との繋がりをないがしろにしてきた生活が見直され、本当の豊かさとは
何かを問いただし始めたのは、いい傾向に動いている証ではないでしょうか。
一人一人の力は微力でも集まって大きくなれば、日本社会の方向性を変える
大きな力になる。そんな未来を信じて、私もその一員であり続けたいと思って
います。

来年は明るい年になりますように。


By かまど管理人
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-12-22 16:56 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 小寒号 -今日は旧暦12月13... 大雪号 -今日は旧暦11月13... >>