立冬号 -今日は旧暦10月13日です-

え~、もう立冬ですか~!  年々加速しているこの時間の早さ、こ
れはきっと歳のせいではなくインターネットのせいに決まっていると
思う今日この頃、しばしお付き合いいただければうれしいです。

 今度のスギ花粉には放射性セシウムが付いてくるというニュース。
そのページには『Amazon.co.jp : スギ花粉 に関連する商品』としっ
かり広告が貼りつけられていた。不幸なニュースに広告を付けないよ
うアマゾンさんには忠告をしたいです。

 林産業に携わる知り合いからその地方の木材の放射線量を測定した
ら検出されなかったと連絡があった。その話題を巡っていろいろ意見
交換をした。放射線が検出されなかった事実を利用して営業なんかす
ることは止めましょうと意見が合った。

 今年の木工機械展にすごく効率の良い新開発の製材機が展示されて
いた。小径木を一日1400本余り製材できるという。一緒に見ていた中
堅製材所の社長は言いました「一日動かしたら三日休まなければなら
んな」と。

 補助金がないと成り立たない間伐。補助金には限りがあり間伐で出
てくる原木にも限りがある。そんな状況でこんな機械を導入したら、
他の製材所を潰して自分だけ生き残るか、自分が借金に潰されるかの
どちらかになると。ちなみに本体5000万円で、設備の償却は10年とし
て一本14円ほどです。

 製材機を開発する人たちに効率の良い機械を開発するなとは言えな
い。森林所有者の人たちに損をしてまで木を伐れとは誰も言えまい。
借金をして家を建てる人に無理しても高い国産材を買って下さいとは
とても言えない。

 国土交通省のお役人さんの講演を聞きました。地域の木材を使った
住宅には20万円の補助金をつけますよと。でもその20万円はもともと
税金なんです。家を買わない人から集めた税金も当然入っています。
誰が誰のために負担をするのかをしっかり把握しておきたい。

 世界的に見ると農地の相場が上がっているのだとか。食料不足を見
越した投資家が買っているのか。もし世界的な木材不足が起こればい
ま日本の林産業の問題も一気に解決するはず。下手の考え休むに似た
りか。神風はふたたび吹くのか。元寇の時の神風です、念のため。

 ペレットストーブ、欧州では下火になっているようだ。ペレットの
製造にはエネルギーが要る。次はチップ燃料だという。チップ燃料を
ボイラーで燃やす方向だとか。チップを燃やせるストーブを研究して
みることにする。

 今日のお昼に足湯に入った。朝に冷やしてしまって悪くなった体調
がてきめんに良くなった。汗かきの冷え性という厄介な体質。ぼちぼ
ち直していきたいがどうしたものか。どなたかお知恵を貸して下さい。

 ツイッターやフェイスブックばっかりやっていて短い文章しか書け
なくなったみたい。とりとめない話題で申し訳なかったですが最後ま
で読んでいただいて感謝です。

 今回はkuma28(材木屋)が書きました。
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-11-08 08:26 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第8回leブランチ竈(るぶらん... 第16回サロンde竈(さろんで... >>