秋分号 -今日は旧暦8月26日です-

秋彼岸に先立って、台風12号と15号が各地に大きな被害をもたらしまし
た。被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

私が住んでいる名古屋も、特に15号の襲来時は平日だったこともあり、
豪雨で街はかなり混乱しました。社員を早めに帰宅させる会社も少なくな
かったのですが、激しい雨風で鉄道の運休も相次ぎ、名古屋駅はタクシー
待ちの長い列。名古屋市は一時、市の人口の半数にあたる約110万人に
避難指示・勧告を出したという大変な事態でした。

一連の台風ニュースで、個人的にショックなのは、奈良県と和歌山県で発
生している、豪雨による土砂崩れで川がせき止められた「土砂崩れダム」
の状況です。奈良県十津川村などではなお多くの住民が避難生活を続け
ています。

豊かな緑の山がざっくりとえぐり取られ、茶色い山肌を晒す様は、自然の
猛威の結果とはいえ、大きな喪失感に襲われます。奈良に住む友人が見
た地元ニュースでは、こうした土砂崩れの斜面は、100年くらいでは周囲
の密度の濃い森のようには戻らず、再生には長い長い年月がかかると説
明されていたそうです。

何千年、何万年という単位の自然の営みからすれば、100年などほんの
一瞬かもしれません。しかし人間の命は短い。だからこそ子孫に知恵をつ
なぐ術をもっているのですが、知恵が暴走して、地球温暖化といった事態に
少なからず加担してしまっているのも事実なんだろうと思います。自分で考
え、できることをやっていくしかないのですが、心が痛む日々です。


  紘
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-09-23 19:24 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第15回サロンde竈(さろんで... 第6回leブランチ竈(るぶらん... >>