第3回leブランチ竈(るぶらんちかまど)開催されました

6月26日、竈の家で「第3回leブランチ竈」が開催されました。
台風の荒れた予想に反して晴天に恵まれたこの日のメニューは
・竈炊きたてご飯
・新玉と南瓜と油揚げのお味噌
・蕨の卵とじ
・湯引き玉ネギのおかか和え
とスタッフの育てた新玉ネギが中心の一汁二菜。
水菓子にと畑で収穫した枇杷も登場して、質素な中にもメリハリのある食卓でお客様を
お迎えすることができました。
f0044728_1444341.jpg

訪ねてくれたのはサロンの常連さん2名と地区外からの数人。
f0044728_14451573.jpg

「玉ネギ湯引きしただけでこんなに甘いの?さっそく家でやってみるわ」「わらびの卵とじは初めてよ、味付けは?」など主婦ならではの会話が嬉しくて、
「まだ少人数なのでたっぷりありますから好きなだけ召し上がってくださいね」と堪能していただけるよう精一杯おもてなしさせていただきました。
f0044728_1447034.jpg
この日は可愛らしい小学生スタッフが薪割りから珈琲の提供、バルーンアートのアシスタントまでと幅広く活躍してくれたおかげで、夢と希望の花がパッと咲いたような瑞々しい会となりました。
f0044728_14461518.jpg
                       (薪割り特訓中)
f0044728_1511552.jpg
                  (バルーンアートのお手伝い)
f0044728_14473723.jpg
           (日向でお喋りしながらのお片付けも楽しいものです)

また、この日は何故か、ブランチが終わった後からも、昼下がり時、夕暮れどき、といろいろな時間帯に顔を見せてくれる来館者が後を絶たず、残り物で試食をしてもらったり、音楽やおしゃべりに興じたり、結局一年で一番昼間の長いこの季節に、とっぷりと日の暮れてからの会のお開きとなったのでした。
f0044728_14525439.jpg
           (車椅子の方も皆さんと同じように寛がれていました)
f0044728_14531171.jpg
    (空き缶に水を入れて繋いだだけですが水琴窟のような音のでる手作り楽器)
f0044728_14484426.jpg
                 (県外からのお客様もありました)


タクティールケアの体験施術もあり、受けられた方はとても気持ちよさそうでした。
f0044728_1514858.jpg
f0044728_15142382.jpg


タクティールとは、手足や背中などを優しく包むようになでる、スウェーデン生まれのタッチケアのことです。
手から伝わる温かみで、痛みやその背後にあるストレス、不安感をとかしていく効果があり、認知症ケアの新手法としても注目されています。
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-06-28 15:44 | leブランチ竈 | Comments(0)
<< 第12回サロンde竈(さろんで... 夏至号 -今日は旧暦5月21日です- >>