穀雨号 -今日は旧暦3月18日です-

現代暦の20日は、二十四節気の「穀雨」。その名の通り、穀物
を育てる雨という意です。本来春の穏やかさ、自然の営みを満喫で
きる季節ですが、東日本大震災の発生で、多くのことを考えさせら
れる日が続いています。
ご存じの方も少なくないと思いますが、古語では「地震」を「な
ゐ」と読みます。地震が起きるは「なゐふる」。「な」は土地・地
面、「ゐ(い)」は居る場所や存在の意で、「なゐ」とはすなわち
大地。その大地が震えるから「なゐふる」。後に縮めて「なゐ」だ
けで地震を指すようになったとみられ、まさに大地が恐ろしく揺れ
るさまを丸ごと表現したことばです。
地震に関する記述は、古くは日本書紀にも登場しており、日本人
は古来から地震を恐れ、地震と共に生きてきた民族と言えるでしょ
う。現代を生きる私たちも、悲しみを乗り越え、日常に感謝し、前
を向いて精いっぱい励むこと。でも時々は息抜きすること。「やま
とことば」が、私たちに多くを示唆してくれているように思うこの
ごろです。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-04-20 20:21 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第1回leブランチd竈(るぶら... 第1回leブランチ竈(るぶらん... >>