雨水号 -今日は旧暦1月17日です-

現代暦の19日は、二十四節気の「雨水(うすい)」。降る雪が
雨に変わり、積もった雪や氷が解けて水となるとの意です(角川学
芸出版編「俳句歳時記 第四版 春」より)。今年は2月に入って
からも、思わぬ大雪に見舞われたりしましたが、着実に春が近づい
ていると感じるこのごろです。

私は信州の山里育ち。しかし、大自然の恩恵を当たり前のように
受けてきたせいか、野の草木、草花の名前をあまり覚えないまま、
大人になってしまいました。

小学生のころは、友達と野山を駆け回って遊んでいましたが、一
方で読書が大好きないわゆる文学少女。「宿題があるから」と言っ
ては自分の部屋にこもり、古今東西の様々な物語や冒険の世界に浸
っていたことも多かったなあ、と。

私事ながら4年ほど前から俳句を始めたことで、改めて季節の植
物をしっかりと見つめるようになりました。最近、印象的だったの
は「臘梅(ロウバイ)」。1月に東京・湯島天満宮を訪れた際、早
咲きの白梅や紅梅の木々に混じって、1本だけあるのを見つけまし
た。「蜜蝋のよう」とも表現される半透明の黄色い花が、一つひと
つ光を溜めるように咲いていて、ひどく感動しました。

春は、野山にいのちが宿る季節。自然の息吹を感じ取れるような、
心の余裕を持って過ごしたいと思っています。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2011-02-19 15:16 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 啓蟄号 -今日は旧暦2月 2日です- 立春号 -今日は旧暦1月 2日です- >>