小雪号 -今日は旧暦10月17日です-

きょう11月22日(現代暦)は、二十四節気の「小雪(しょうせ
つ)」。里では木枯らし、北国の山では初雪も見られる季節です。
先週末は、日本でも晩秋の風物詩となったフランス産ワインの新酒
「ボージョレ・ヌーボー」を楽しんだ方もいらっしゃったと思いますが、
私は仕事仲間と、愛知県半田市の中埜酒造を訪問する機会を得て、日本
酒を堪能してきました。

中埜酒造は、「国盛」の銘柄で知られる知多半島の老舗酒蔵。昭和
40年代まで実際に酒造りを行っていた酒蔵の建物を活用した博物館「酒
の文化館」が、半田の観光施設の一つとなっていますので、ご存じの方
も多いと思います。
しぼりたての原酒から、大吟醸、純米酒、本醸造酒などを片っ端から
挑戦! といってもガブガブ飲むのではなく、酒造の方から「利き酒の
仕方」を教わりながらの飲み比べです。
例えば、猪口に注いだ酒から匂い立つ「立ち香(上立香)」もそれぞ
れ違います。人間の舌は、甘さ、辛さ、酸っぱさ、苦さとうまみをそれ
ぞれ異なる場所で感じ取るため、口に含んだ酒は舌全体に行き渡らせま
す。その際に鼻へ抜けていく「含み香」も重要です。
プロの利き酒師は、酒の味を判別するだけでなく、その表現力にも長
け、酒を評する100近い「言葉」を持っているのだそうです。
五感を集中させて、しかし穏やかな気持ちで口にすると、日本酒の味
わいのなんと多彩なことか!

日本酒は日本固有の文化。そして美味しい米と、美味しい水があって
初めて生まれるものです。日本酒の消費量は、昭和50年の3分の1に
減り、清酒業界も課題を抱えます。飲み過ぎ、飲酒運転などは厳禁です
が、日本を代表する食文化として、その奥深さを「知る価値」を改めて
実感したひとときでした。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-11-22 14:02 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第8回サロンde竈開催のご案内 冬至号 -今日は旧暦10月2日です- >>