立秋号 -今日は旧暦 6月27日です-

焦げるほど熱い日が続いていますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。
二週間ぶりのかまどメールの時間です。2分ほどお付き合いください。

去年は、お店で買った種をまいてモロヘイヤと大豆を収穫しました。
今年はなんだかんだでまきそびれてしまいましたが、去年実って落ちた種
から自然に芽がでて育ち、こいつは儲けたとニンマリよろこびましたよ。

ところがどっこい、モロヘイヤは不味いしあのネバネバもない。大豆は、枝
ぶりはたいそう勢いがあるけれど肝心のサヤがひとつもついていません。
いまどきの市販の種は、一代かぎり有効なF1いうやつでたぶんそれが原
因なのでしょう。

今年前半に読んで為になった本のことをすこし。ヒビコレの縁側にご自由に
お持ちくださいと並べられていたうちの一冊です。松原さんありがとう。

内容は、背中の痛みは怒りが原因で、心が病むと背中の血行が悪くなり痛
みが出るのだと。胃が痛むのも同じ理屈です。
痛みを直す方法はごく簡単で、怒ると背中が痛くなることをただ理解すれば
よいのです。あまり簡単すぎてにわかには信じにくいですが。

私の場合は、回路が単純なのか、性格がとっても素直なのか、てきめんに
効きました。寝つけなるほどの背中の痛みにいたることはなくなりました。
こわばりを感じたときに、意識して心をゆったりさせるようにしています。

数時間かかって読んだ本ですが、感想文を書けば一行ですみます。
「病は気から」。昔の人の知恵はすごいですね。

今日から立秋です。明け方は爽やかに感じるころですね。寝冷えなどして
お盆休みを台無しにしないよう、腹巻きなどして寝てくださいね。

中谷でした。

参考:本の詳細はここです。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=redir_mdp_mobile/375-7631058-2740308?a=4393713281
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-08-07 07:56 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 第4回サロンde竈開催のお知らせ 大暑号 -今日は旧暦 6月12... >>