立春号 -今日は旧暦12月21日です-

2月4日は二十四節気の「立春」。暦の上では春に入ります。
角川学芸出版編「俳句歳時記 第四版 春」には、「寒気のなかに
もかすかな春の兆しが感じられる」との記述がありますが、最近の気
候は、温暖化などの影響なのか、妙に暖かい日が続いたかと思うと突
然凍えたり。季節の嬉しい変化をかぎ取る、というより、ついつい地
球環境の恐ろしい変貌を予感してしまいがちです。
どうか、日本本来の四季の趣を感じていられる時代が少しでも長く
続きますように。そうそう、そのためには私たちも、省エネとかエコ
とか、普段の生活でささやかな努力が必要なのでしょうね。
今回は、かまどの会の皆様に共感していただけるような立春の句は
ないかなあ、と探してみました。

 茶箪笥へ射す日が折れて春立ちぬ  菖蒲あや

 (※菖蒲あや(1924~2005)=女性俳人)

畳から足裏に伝わる感覚はまだ冷たいけれど、ふと見れば陽の光が
すうっと部屋の奥に据えた茶箪笥にまで届き、当たって方向を変えて
いく。ああそうか立春だ・・・。私なりに解すると、こんな発見の喜
びといったところでしょうか。
そして「茶箪笥」。懐かしい響きです。古い物を愛し、日々の生活
を大切にされている「かまど」の皆様に、こんな一句でほっこりとし
てもらえれば幸いです。

(紘)
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-02-04 08:56 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 雨水号 -今日は旧暦 1月 6... 竈~年忘れお餅つきの会~ >>