大寒号 -今日は旧暦12月 6日です-

「父に負ける」


息子の収入の話ではありません。
すでに負けてはいますが...(私は笑うことしかできません)

もう新暦の年が明けて半月以上経過しましたが、皆様いかがお過ご
しでしょうか?

少し前の話になりますが、年明け、実家に帰りました。一杯飲んだ
気楽さから、しばらくうたたね。しばらくして目を覚ますとテーブル
で、すでに退職している父が年賀状をチェックしていました。
年賀状の束が机の上においてあったので、気楽な気持ちで「何枚出
したの?」と聞いてみると「600枚やな」と何気ない返答。
「えっ、そんなに?」
挨拶だからいろいろ出さないとな、という感じでした。宛名面は全
部手書きしたとのこと。びっくりしました。仕事を退職したあともそ
んな数だけ年賀状を出していたとは。年に1回のことでしょうから
「元気かい?」という確認をお互いでしているのだとは思いますが、
その数、結構な枚数ではないでしょうか。

紙の無駄とかいろいろな問題点があるとは思いますが、退職した人
がそういうことで1年に1回だけかもしれないけれど、いろんな人と
つながりを保ち続ける、そういうことを住所を手書きで書きながら気
にかけていくことも、元気であることの秘訣ではないのかなあ?と感
じた次第であります。

なんだか親父の背中、のような感じになってしまいましたかね。
年賀状に住所シールをぺたぺたと張ってパパッと出していた寓息の
「父に完敗」のお話でした。

ちなみに私は郵政公社に勤めている訳ではありません、念のため。

文/写真師 松原
[PR]
by uneme_tayuu | 2010-01-20 09:06 | 暮らし暦 | Comments(0)
<< 竈~年忘れお餅つきの会~ 芋煮会のお知らせ >>